自宅で治療の訪問歯科といつもの歯医者さんはどう違う?

>

歯医者さんが来てくれる訪問歯科

身体をうまく動かせない患者の訪問歯科

歯科医師や歯科衛生士が患者の自宅を訪れ、診察を行うことを訪問歯科と呼んでいます。
元気な人なら口内に異変を感じた時に、自力で歯医者に行って治療を受けることができます。
しかし病気や障害、さらに年齢を重ねたことで身体をうまく動かせなくなり、歯医者に行けなくなってしまう人が見られます。
外出が難しい人でも口内環境を綺麗に維持できるよう、訪問歯科のサービスが誕生しました。

また治療だけでなく定期的な検診や、口内の汚れを落とすメンテナンスをしてもらうことも可能です。
こまめに口内をチェックしてもらったり、綺麗に掃除してもらったりすれば、大きな病気を発症することもないでしょう。
口内が健康だと安心して楽しい食生活を送れますね。

通院できない人が対象

健康な人が訪問歯科を利用したいと言っても、受理されません。
自力で歯医者に行くことが難しい人だけと、原則的に決まっています。
もっと具体的に説明すると、病気や障害、介護が必要な人で通院が困難な人、さらに訪問歯科が可能な歯医者から、半径16キロメートル以内の自宅や施設となります。
ちなみに半径16キロメートルを超えた場合は、保険を適応できなくなるので気を付けてください。

また訪問歯科が行けるのは自宅や介護施設などの、患者が普段から生活を送っている場所に限られます。
デイサービスなど、時々患者が訪れる場所は基本的に利用できません。
患者が歯科や口腔外科のある大きな病院に入院している時も、訪問歯科の対象外になります。