自宅で治療の訪問歯科といつもの歯医者さんはどう違う?

>

主な患者は高齢者

何も用意しなくて良い

高齢者に多いのは歯が抜けた、欠けたといった相談から口臭の悩み、入れ歯の作成などです。
訪問歯科では、これらの対応ができる歯科医師が中心になって患者の悩みを解決しています。
また訪問歯科の時に歯科医師や歯科衛生士が、治療のための道具を持参しています。
自宅でも、歯医者と同様で虫歯や歯周病といった病気の治療ができるので安心してください。

必要なものは全て揃っているので、訪問歯科を利用する側が用意するものは特にありません。
患者の負担を削減できる面も一般の歯医者との違いで、訪問歯科のメリットですね。
いつも暮らしている自宅や施設で検査や治療を受けることで、リラックスした状態を維持できます。
医師に、悩みを全て伝えられるのではないでしょうか。

今後のスケジュール

病気の治療が終わったら、口内の様子を見ながら定期的に訪問する回数や、そもそも継続的な訪問歯科が必要なのかを判断します。
検診やメンテナンスは、歯科衛生士が担当すると覚えておきましょう。
高齢になると食べ物を噛んだり、飲み込んだりする力も衰える人が見られます。
歯科衛生士はそのような相談にも応じてくれますし、一緒にリハビリを行うことも可能です。

リハビリを繰り返すと、うまく食べられるようになるので安心してください。
訪問歯科を利用している人の多くは、毎月1回歯科医師や歯科衛生士に来てもらっています。
時間が合わない場合でも2か月に1回など、早いペースで診察を受けているようです。
このように頻繁に口内をチェックしてもらうことが、病気の早期発見と治療に繋がります。