自宅で治療の訪問歯科といつもの歯医者さんはどう違う?

>

気になることを伝えよう

相談したいことを考えよう

自宅に歯科医師や歯科衛生士が来たら、まず口内で気になることを伝えてください。
この時は、どんなことでも構いません。
少し歯が痛んだり歯に冷たいものがしみたりするなど、些細な症状でも良いので伝えることで、歯科医師や歯科衛生士が詳しく口内をチェックしてくれます。
実は歯の痛みの原因が虫歯や歯周病ではなく、他の部分にあるのかもしれません。

実際にそのような症状に悩む患者が見られるので、早めに原因を突き止めましょう。
仮に神経痛や心臓病など、口内以外に痛みの原因があった場合は、歯医者以外の病院で治療を受けなければいけません。
その場合はどこの病院に行けば良いのか、歯科医師や歯科衛生士が教えてくれるので安心してください。

早期治療のメリット

虫歯や歯周病などをすぐに治療するために、訪問歯科を受けてください。
早期治療をすることで、自分の歯を守れます。
病気を放置すると次第に悪化して歯が抜け落ちたり、抜歯して処置をしたりしなければいけなくなります。
すると自分の歯を失い、代わりの歯を埋め込まなければいけません。
治療がもっと大変になりますし、自分の負担も増えるので、自分の歯をいつまでも残せるように早期治療を心がけましょう。

そのため頻繁に訪問歯科に来てもらい、口内をチェックしてもらうのが良い方法です。
歯科医師や歯科衛生士なら、まだ発症したばかりの小さな虫歯でも異変に気づいて、治療を始めてくれると思います。
こまめにチェックしてもらえば症状が悪化する心配はありません。